忍者ブログ
ある日突然。人生が変わりました。 そして、なんとなく・・・生きている普通の日記。
[404]  [403]  [402]  [401]  [439]  [3] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AM7時。この時間はいつも寝ていたけど、何故か目がさめた。
いつもとちがう違和感を胸に感じていた。

痛いとかじゃなくって本当に軽い違和感。

普段、タバコ(1mgメンソール)を2箱近く吸っていたため
【吸いすぎ】で片付けた。
(少し前までは7mgを1日2箱くらい)

そして、朝のニュースを聞きながら眠りに入った。

その頃の私は、お昼前に起きて明け方近くまで起きていた。
全てはお金を稼ぐため。。。本当にそれだけだった。

8時。
 私は、浅い眠りだったためか通学している女の子達の声を聞きながらまどろんでいた。
うつぶせになっていた私はその時、自分の身にこれから起こることなど予想もしなかった。

ばきっ

体の中から突然、折れる音がした。
私は一瞬『背骨が折れた?』と思った瞬間・・・

「・・・!!」

背骨に沿って火が走った。声にならなかった。
いや、声が出なかったと言った方がいいかもしれない。

私は一瞬に起こった痛みに耐えられずに、ベッドから立ち上がった。
私は、とりあえず1Kの短い玄関までの台所を走り歩いていた。

ココまで来たなら背骨は折れていない。
でも、痛みは治まる気配はなくて・・・おかしいと思った。

そして『病院』と言う言葉が脳裏に浮かんでから支度を始めた。

人間、こんな時ってパニックになるんですよね。
そして意外にも冷静な自分もそこにいたりもして・・・

私の中の時間は1分以上だけど
実際はそんなに経っていないと思う。

その時の私は・・・

歩くと体全体が痛みに包まれる。
歯磨きをしようにも口が開かない
下を見ることができない
足が上がらない
座ることができない
横になることもできない。。。

そう、背中全体には激しいとても激しい痛み
言葉に表現するのが難しい『痛み』しかなかった。
 
支度ができて、アパートの階段を下りて
私はタクシーを拾った。

そして外来へ行った。

外来受付へ行くと、受付の人が私のあまりの痛がる様子を見て

「救急外来へ行ってください」って。

外来受付から救急外来受付まで歩いていった。

血圧は高くない。
心電図も異常ない。
レントゲンもどうもない。
採血結果もCRPが少し高いくらいで・・・

痛みは変わらず。

とりあえず、診察室とは違う別室の横になれるところにいた。

横になるのがすごく苦痛で・・・
起きるのもすごく苦痛だった。

しばらくすると、医師が来たけれど何を話したか覚えていない。

とりあえず、痛み止めをもらった。
そしてすごく辛かった。

こんなに痛いのに原因が分からずに
帰されるって何だろうって。

そんなことを思いながらも・・・
1週間分もらった痛み止めを内服して様子を見ようと思った。

この日「う○ち」する時、
私は自分の頭から血の気が引いていくことを感じた。
目の前が霞がかった感じもした。

帰宅してから痛み止めを内服したけど・・・
痛みはさほど変わらなかった。

痛みで横になることもできない私は、
さほど変わらない痛みでも薬で『かろうじて楽になった』時に
眠りにつくことがやっとできた。

でも、実際は痛みで気が遠のいただけなのかもしれない。

拍手[8回]

PR
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/12 のぞみ]
[03/05 すみひろ]
プロフィール
HN:
のぞみ
性別:
非公開
自己紹介:
マルファン症候群です。
ネコさん好きです。
バツイチになりました。
ブログ内検索
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]